Mpression News Mpression News


2014.07.17

マクニカ、MIPI® LCDカードを開発、Mpression(エムプレッション)として販売開始

高精細高画質、低消費電力TFT液晶モニタとFPGAの柔軟性により組込み機器への最適なデザイン評価/検証環境を提供

 

株式会社マクニカ (神奈川県横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、以下マクニカ) は、このたび、アルテラ社製FPGAの搭載されている各種ボードとHSMCコネクタ(*1)を介して接続可能な高精細高画質、低消費電力TFT液晶モニタを搭載したMIPI LCDカードを開発、2014年8月より販売開始することを発表します。

MIPI LCD カードは、オルタステクノロジー社製 TFT液晶モニタを搭載した評価用ボードです。本製品の開発によりアルテラ社製FPGAによる組込み機器のデザイン評価/検証環境において、高精細高画質な液晶モニタを活用して評価ができるようになりました。

このTFT液晶モニタは透過型液晶の美しさと屋外視認性の両立を実現しており、透過率が高く、超低消費電力でも充分な表示輝度が得られることから、ハンディターミナルなどの業務用携帯機器や、放送/映像機器、医療機器、監視システムなど、低消費電力で高画質が求められる市場において最適な液晶モニタとなっています。

本製品はアルテラ社製FPGAボードのHSMCコネクタを介してMIPI D-PHY DSI インタフェース(*2)によるTFT液晶モニタへの映像出力が可能です。本製品にDVI入力された映像ソースはV-by-One®HSインタフェースに変換されHSMCコネクタを介してFPGAに接続されます。FPGA内部でNorthwest Logic社製MIPI DSI IP (*3)により処理されたデータはMeticom社製MIPI D-PHY DSIトランスミッタを経由してTFT液晶モニタへ映像が出力されます。

本製品はHSMCコネクタを搭載しているため、Mpressionブランドから販売されているHelioHydraBeryllNitro(*4)の他、さまざまなアルテラ社製FPGA搭載評価ボードとHSMCコネクタを介して接続することで様々なタイプのFPGAとその機能を活用しMIPI DSI インタフェースのLCDパネルとの接続・デザインのご評価を行っていただくことが可能となります。国内ではアルテラを扱うマクニカグループの株式会社アルティマおよび株式会社エルセナで販売し、順次マクニカ オンラインストアにおいても取り扱いを予定しています。

マクニカはMIPI LCDカードをマクニカグループ総合技術ブランドMpression のソリューションとして、日本国内に限らず、北米・中国・台湾・ASEAN 諸国で各海外子会社より販売予定です。
MIPI® LCDカード製品詳細 http://www.m-pression.com/ja/solutions/boards/mipi-lcd

*1: HSMC (High Speed Mezzanine Card) アルテラ社の評価ボードに搭載されている高速転送可能な拡張インタフェース
*2: MIPI =Mobile Industry Processor Interface, D-PHY=physical layerの名称,DSI= Digital Serial Interface
*3: Northwest Logic(NWL)社製 のMIPI コントローラ IPをご使用の場合は、有償でのご購入が必要となります
*4: マクニカオリジナル技術ブランドMpression(エムプレッション)™として販売されているアルテラ社製FPGA搭載評価ボード

「MIPI LCDカード」概要

型式:   ALTHSMCMIPILCD
TFT液晶モニタ:   COM48H4M87ULC(オルタステクノロジー社製)
MIPI D-PHY
コネクタ: 
 ATX526124(パナソニック社製)
MIPID-PHYDSI トランスミッタ:   MC20002(Meticom社製)
DVIレシーバ:   TFP401A(Texas Instruments社製)
TTL/CMOS to
V-by-One®HS変換: 
 THCV217(ザインエレクトロニクス社製)
インタフェース:   DVI x 1
その他コネクタ:   HSMCコネクタ x 1
外形寸法:   78mm x 156 mm
提供物:   MIPI LCDカード, リファレンスデザイン, マニュアル, 回路図
発売予定時期:   受注開始2014年7月22日 出荷開始2014年8月22日

   

MIPI LCDカード・デモンストレーション概略紹介

アルテラ社製ビデオ/画像処理スイート(VIP)、 MegaCore® ファンクション、Northwest Logic社製 MIPI DSI IPコア、ならびに株式会社マクニカが開発した V-by-One® HS IPとオリジナル・リファレンスデザイン (90°回転 + コントロール・ロジック )による リファレンス・デモンストレーション をご覧いただくことが出来ます。また、お客様のご要望にあわせて受託開発も可能です。お気軽にお問い合わせください。

マクニカについて

 マクニカは1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、東京取引証券所市場第一部に上場し、横浜に本社を構え、香港、上海、台湾、シンガポール、韓国、タイ、アメリカ、ドイツに現地法人を有しています。詳細はWebサイト( http://www.macnica.co.jp/ )をご覧ください。

Mpressionについて

 「Mpression(エムプレッション)」は、マクニカグループ各社が国ごとに開発・サポートしてきた、ソフトウェア、プラットフォーム、評価ボードなどを結集した総合的な技術ソリューションです。経験豊富なグループ各社の技術者のノウハウを詰め込んだ、より高度で、すぐに使えるシステムレベル・ソリューションとして、お客様の導入の期間短縮と、製品価値の最大化を図っていきます。また、国内のみならず、グループ各社を通じて、中国、アジア、欧米など、国や地域を問わずワンストップで提案・サポートしていきます。Mpressionに関する詳細はWebサイト( http://www.m-pression.com/ )をご覧ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

http://www.m-pression.com/ja/contact

メディアコンタクト:TEL.045-470-9851 (株)マクニカ 経営戦略部 広報企画課 宮原
製品コンタクト:TEL.045-470-9838 (株)マクニカ 戦略技術本部 Mpression推進部 長島