Mpression News Mpression News


2014.11.04

マクニカ、FPGA・Bluetooth・センサとスマートフォンを組み合わせたOdysseyキットを開発、予約受付開始

センサとFPGAを利用したIoT機器や無線を活用した各種製品の開発が容易に

 

株式会社マクニカ (神奈川県横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、以下マクニカ)は、このたび、米国子会社Macnica Americas, Inc.(米国カリフォルニア州、President:John Burton)と開発したアルテラ社新製品MAX®10 FPGAとブロードコム社WICED™ SMART Bluetoothモジュール、シリコンラボ社EFM32™ MCUおよび各種センサー、アナログ・デバイセズ社加速度センサーなどとスマートフォンを組み合わせたIoT開発ソリューション「Mpression Odyssey(エムプレション オデッセイ)」キットを、12月上旬(予定)より国内販売開始することを発表いたします。

「Mpression Odyssey MAX10 FPGA Eval Kit」(型式:ODYSSEY-MAX10-KIT)は、先ごろリリースされたアルテラ社のMAX10 FPGAを搭載し、アナログ入力、デジタル入出力、電源で構成される30ピンの外部ピンヘッダをもつFPGAボードと、ブロードコム社のWICED SMARTモジュールやシリコンラボ社のEFM32 MCUおよび温湿度センサー、UV/照度/近接センサー、アナログ・デバイセズ社の加速度センサー等を搭載したBluetooth SMARTセンサーボード、コイン電池ホルダーを搭載する電池ホルダーボードにより構成され、iPhoneおよびAndroidに対応する「Mpression Odyssey スマートフォン・アプリ」(以下Odysseyアプリ)を使用して、Bluetooth SMART 経由で FPGA デザインと接続し、制御することが可能なFPGAベースのIoT機器開発キットです。
(詳細はこちら:http://www.m-pression.com/max10

本キットには、MAX10 FPGAの特徴的な機能やセンサーからの情報を利用した「パーソナリティ」と名付けたFPGAデザインが複数搭載されており、Odysseyアプリから切り替えて機能を利用することができます。 Odysseyアプリは、iOSおよびAndroid向けに無償でダウンロード可能で、ユーザ登録すると無償で使用でき、Odysseyアプリ内でパーソナリティを切り替えることで、MAX10 FPGA機能の試行や、センサーの情報を読み取ることが可能です。Odysseyアプリでは、表示するデータの名称やパラメータを変更するなどのカスタマイズが可能で、コードを書かずに簡易なIoTアプリを作成することもできます。また、FPGAのデザインをカスタムするか、自作したデザインをPC経由で登録し、動作をアプリから制御することもできるように工夫しています。FPGAボードの外部ピンはオープンソース電子工作キットArduino Nanoと同じピン配置になっているため、ブレッドボードに接続して他の部品やボードと組み合わせることで、電子工作や簡単なコンセプト試作のプラットフォームとしてもご使用いただけます。

マクニカは、本キットをマクニカグループ総合技術ブランドMpression (エムプレッション) 製品として販売します。2014年11月下旬から12月上旬をめどに受注開始し、日本国内ではグループ関連会社である株式会社アルティマ、株式会社エルセナ、およびマクニカオンラインストア (http://www.macnicaonline.com/) より購入することができます。また海外では、北米・中国・台湾・ASEAN 諸国でマクニカグループ各海外子会社より販売予定です。受注開始までは特設の予約フォームより数量限定で事前予約が可能です。
(予約フォーム:http://www.m-pression.com/ja/solutions/boards/odyssey-fpga/reservation

なお、同製品は、2014年11月19日よりパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014 / 組込み総合技術展」のマクニカ エムプレッション・ブース(ブース番号A-27)に出展、デモンストレーション等を行います。

製品写真「Mpression Odyssey MAX10 Eval Kit」

アプリ(イメージ)

   

マクニカについて

 マクニカは1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、東京取引証券所市場第一部に上場し、横浜に本社を構え、香港、上海、台湾、シンガポール、韓国、タイ、アメリカ、ドイツに現地法人を有しています。詳細はWebサイト( http://www.macnica.co.jp/ )をご覧ください。

Mpressionについて

 「Mpression(エムプレッション)」は、マクニカグループ各社が国ごとに開発・サポートしてきた、ソフトウェア、プラットフォーム、評価ボードなどを結集した総合的な技術ソリューションです。経験豊富なグループ各社の技術者のノウハウを詰め込んだ、より高度で、すぐに使えるシステムレベル・ソリューションとして、お客様の導入の期間短縮と、製品価値の最大化を図っていきます。また、国内のみならず、グループ各社を通じて、中国、アジア、欧米など、国や地域を問わずワンストップで提案・サポートしていきます。Mpressionに関する詳細はWebサイト( http://www.m-pression.com/ )をご覧ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

http://www.m-pression.com/ja/contact

メディアコンタクト:TEL.045-470-9851 (株)マクニカ 経営戦略部 広報企画課 宮原
製品コンタクト:TEL.045-470-9838 (株)マクニカ 戦略技術本部 Mpression推進部 長島

※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。