Mpression News Mpression News


2014.11.18

アルティマ、米アルテラ社FPGA向けにルネサスエレクトロニクス社「H8S C200」互換のIP コアを開発

株式会社マクニカ (神奈川県横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、以下マクニカ)の子会社である株式会社アルティマ(神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5 代表取締役社長:三好 哲暢、以下アルティマ)は、このたび、アルテラ社FPGA 用にルネサスエレクトロニクス社「H8S C200」互換のIP コアを開発したことを発表します。これにより、アルテラ社が提供しているARM ベースのSoC FPGA、Nios® II プロセッサと合わせ、より広範囲にFPGA ベースの組み込みプロセッサに対応することが可能になります。

「H8S C200」はルネサス エレクトロニクス社が開発したCISC ベースの16ビットマイクロコントローラです。組み込み市場では幅広く採用されており、様々な機能を内蔵した多岐な製品をシリーズ展開しています。「H8S C200」のCPU命令は,ルネサスエレクトロニクス社の標準製品であるH8Sファミリと互換性があります。周辺機能のタイマやシリアル・インタフェースは、H8Sマイコンと同等の機能を持っています。またCPUが管理する内蔵メモリは,最大256Kバイトまで内蔵されており、IoT のセンサーネットワーク等比較的小規模のシステム制御に向いています。

このたび開発したアルテラ社FPGA 用「H8S C200」 IP は、下記の特徴を持っております。

アルテラ社FPGA用「H8S C200」IP 特徴

コア 周辺モジュール 命令セット
H8S C200 コア ・バスコントローラ(BSC)
・割込みコントローラ(INTC)
・16ビットフリーランニング・タイマ(FRT)
・8ビット・タイマ(TMR)
・ウォッチドッグ・タイマ(WDT)
・PWM タイマ(PWM)
・シリアル(SCI)
・オンチップデバック機能
・Avalon インタフェース
・H8S/2600
または
・H8S/2000

アルテラ社FPGA用「H8S C200」 IP はアルテラ社のシステム統合ツールQsysによるAvalon® インターコネクト・ファブリックに対応しているため、本IP を使用することにより迅速にユーザ論理と接続することが可能になり、FPGAでお客様オリジナル「H8S C200」マイコン搭載システムチップの実現が可能になります。

アルテラ社FPGA 用「H8S C200」IP コアの組み込みイメージ

なお、当IPは、今年リリースされたアルテラ社の最新デバイス「MAX® 10」FPGA への組み込みを予定しています。今後、アルティマは「MAX 10」 FPGA 限定の評価用IP、ドライバとMAX10 ボードをバンドルした評価パッケージを販売していく予定です。

アルティマは、当デモンストレーション システムを、幅広い組込み機器をターゲットに展開していきます。その一環として、11月19日より横浜にて開催されるET2014 (組み込み総合技術展)のマクニカ Mpression ブース(No.A-27) において、アルテラ社FPGA 用「H8S C200」の出展並びにデモンストレーションを行います。

詳細はこちら:http://www.m-pression.com/ja/et2014

アルティマについて

 アルティマは1991年に設立され、日本市場へ半導体をはじめとする世界の最先端で高性能な製品の販売、サービスおよび技術支援を提供しています。同社は設立当初より米国アルテラ社のCPLD/FPGA製品の販売において、世界をリードするディストリビュータの1社であり、アルテラ社製品を使用した開発のサポート、技術サポート、プログラミングおよびその他トータル・サポートを提供しています。また、通信機器、産業機器、ディジタルコンスーマ機器、コンピュータ・ストレージ装置、OA機器、クラウド・データセンターなど、幅広いアプリケーションをターゲットとする多種多様な先端製品を取り扱い、同様に技術サポートを提供することにより、更なるトータルソリューションをお届けしています。アルティマに関する詳細は、http://www.altima.co.jp/ をご参照ください。

マクニカについて

 マクニカは1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、東京取引証券所市場第一部に上場し、横浜に本社を構え、香港、上海、台湾、シンガポール、韓国、タイ、アメリカ、ドイツに現地法人を有しています。詳細はWebサイト( http://www.macnica.co.jp/ )をご覧ください。

Mpressionについて

 「Mpression(エムプレッション)」は、マクニカグループ各社が国ごとに開発・サポートしてきた、ソフトウェア、プラットフォーム、評価ボードなどを結集した総合的な技術ソリューションです。経験豊富なグループ各社の技術者のノウハウを詰め込んだ、より高度で、すぐに使えるシステムレベル・ソリューションとして、お客様の導入の期間短縮と、製品価値の最大化を図っていきます。また、国内のみならず、グループ各社を通じて、中国、アジア、欧米など、国や地域を問わずワンストップで提案・サポートしていきます。Mpressionに関する詳細はWebサイト( http://www.m-pression.com/ )をご覧ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

http://www.m-pression.com/ja/contact

メディアコンタクト:TEL.045-470-9851 (株)マクニカ 経営戦略部 広報企画課 宮原
製品コンタクト:TEL.045-476-2155 (株)アルティマ 技術統括部 ソリューション部 小佐野

※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。