Mpression News Mpression News


2015.7.8

マクニカ、非接触ひずみセンサ搭載IoT/M2Mセンサシールドを発売

株式会社マクニカ (神奈川県横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:中島 潔、以下マクニカ)はこのたび、IoT/M2M開発ソリューション「Mpression CiP-1」をリリースしたことを発表します。

「Mpression CiP-1(エムプレッション シップワン)」は搭載されているインダクティブセンサが対象金属までの距離をサブミクロン単位で計測できる技術を応用し、非接触のひずみセンサを実現しています。インダクティブセンサによる金属のひずみ検出や屋外・屋内でのねじ抜け情報などの検出を行いながら周囲の照度・湿度・温度・ターゲット製品の熱源温度を計測することで環境データに基づく情報解析プラットフォーム等の評価用途として使用することができます。

図1 : Mpression CiP-1

当センサシールドはテキサス・インスツルメンツ社(以下 TI社)のインダクティブセンサ(型式:LDC1612)、照度センサ(型式:OPT3001)、湿度・温度センサ(型式:HDC1000)、非接触温度センサ(型式:TMP007)を搭載し、同社の開発評価キットCC3200MOD LaunchPadに接続することで Wi-Fi を使用してセンサ取得情報をモニタすることが可能です。
現在、当社におきましては、CiP-1 を搭載したTI社製CC3200MOD LaunchPadを用いて、Wi-Fiにてインテル® Atom™ プロセッサ搭載アドバンテック社製ゲートウェイ(型番:UTX-3115)やTI社ARMプロセッサプラットフォーム、Mobile Wi-Fiルータなどに接続し、 アマゾンウェブサービスにセンサデータを転送する試験を既に実施しております(図2参照)。今後、当社子会社であるマクニカネットワークスが取り扱う 米国スプランク社が提供するマシンデータ分析プラットフォーム「Splunk Enterprise」にアクセスし、当社でリリースしているその他センサモジュールと共に蓄積データの表示・解析・分析までのトータルソリューションとして提示する予定です。

図2:システム構成イメージ図

Mpression CiP-1 の詳細は Mpression Webサイトからご確認ください。
http://www.m-pression.com/ja/solutions/boards/cip1

TI社 CC3200MOD 及びその他センサ情報は同社Webサイトからご確認ください。
http://www.tij.co.jp/tihome/jp/docs/homepage.tsp

当社は本キットをマクニカグループ総合技術ブランドMpression (エムプレッション) 製品として、マクニカオンラインストア(https://store.macnica.co.jp/) で販売します。なお、CiP-1の受注開始キャンペーンを実施しており、現在数量限定でキャンペーン価格にて販売しております。

型名 :Kibo(CiP-1 + CC3200MOD LaunchPadのバンドル品)
受注開始 :2015年7月8日
出荷開始 :2015年7月8日
販売価格 :19,800円
受注開始キャンペーン価格 :14,980円 (30個限定)
キャンペーンWEB ページ :https://store.macnica.co.jp/products/mpression_kibo

※部品の供給状況等によって数量に達する前にキャンペーンを終了することがあります。

 

マクニカについて

マクニカは1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、横浜に本社を構え、香港、上海、台湾、シンガポール、韓国、タイ、アメリカ、ドイツに現地法人を有しています。詳細はWebサイト( http://www.macnica.co.jp/ )をご覧ください。

Mpressionについて

 「Mpression(エムプレッション)」は、マクニカグループ各社が国ごとに開発・サポートしてきた、ソフトウェア、プラットフォーム、評価ボードなどを結集した総合的な技術ソリューションです。経験豊富なグループ各社の技術者のノウハウを詰め込んだ、より高度で、すぐに使えるシステムレベル・ソリューションとして、お客様の導入の期間短縮と、製品価値の最大化を図っていきます。また、国内のみならず、グループ各社を通じて、中国、アジア、欧米など、国や地域を問わずワンストップで提案・サポートしていきます。Mpressionに関する詳細はWebサイト( http://www.m-pression.com/ )をご覧ください。

※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標また登録商標です。

 

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

http://www.m-pression.com/ja/contact

株式会社マクニカ
イノベーション推進統括部 マーコム戦略推進室 江川
経営管理部 広報企画課 宮原
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル
TEL:045-470-8977 FAX:045-470-8955